卒乳についてのあれこれ~

育児についての知識や常識等も時代の流れと共に少しづつ変わってきていますよね!『卒乳』という言葉もそうでしょう!少し前までは
『断乳』という言葉が使われていました。『卒乳』と『断乳』は一体何がどう違うのでしょうか!日本母乳の会によれば、母子手帳からは
既に断乳というと言葉は消え、卒乳が推奨されるようになったそうです。言葉のもつ意味の違いも含め、卒乳についてのあれこれについて
お話していきたいと思います。

卒乳・断乳・離乳 って何がどう違うの?

卒乳について
卒乳とは赤ちゃんのタイミングに合わせて自然に母乳やミルクを断つのを待つことを言います。だからと言って赤ちゃん任せでは泣く、
ままが母乳やミルクの量を減らしていきながら、赤ちゃんが自然に卒乳するのを待つのです。

卒乳の時期
卒乳は離乳食が終わる1歳半頃が一般的と言われていますが、3歳まで母乳やミルクを赤ちゃんが欲しがっても、それは何も問題があるわけ
ではありません。赤ちゃんが不安な場合や、ママとのスキンシップを求めている証なので、母乳やミルクを与えても悪い影響はないのです。

断乳について
男優は、ママの意思や都合によって、赤ちゃん母乳やミルクを与える事を断つことを言います。要するにある時期を境に強制的に授乳行為をやめてしまう事をさします。現在とは異なり、断乳が推奨されていたことは、時期の目安は1歳頃、遅くても1歳半までには、ママの判断んで断乳が行われていました。

離乳について
離乳とは母乳やミルクを主食とした栄養摂取から、徐々に幼児用の食事を主食した栄養摂取に移行する行為をさします。母乳やミルクを飲む、吸う行為から食べ物を咬み飲み込むという行為への発達を目的としています。進め方は個々に合わせた進め方で、赤ちゃんの反応を見ながら、食べる力を育てる事が推奨されています。

要するに、卒乳は赤ちゃんが母乳を必要としなくなって、自分からおっぱいを卒業していく事を指し、断乳はママの意思によって母乳育児をストップさせる事をさします。

WHOでは離乳食が始まった後の2采以降でも母乳を続ける事を推奨しており、日本助産師会では親子が納得できるように話し合いながら母乳をやめる時期や方法を決める事を推奨しています。

先程もお話したように、母乳を飲ませるという行為は、赤ちゃんに栄養を与えるだけでなく、ママと赤ちゃんのスキンシップという大切な役割もあるので、無理矢理止めさせる必要はありません。ですからご自身の赤ちゃんとママ自身が双方のタイミングを見ながら上手く卒乳することが一番大切なのです。

卒乳はどうやって行うの?

●先ず、『もうそろそろおっぱいとバイバイしようね!』とか『大きくなったらおっぱいを飲まなくなるのよ!』等と赤ちゃん繰り返し言い聞かせたり話しかけたりしておきましょう!

●そして一日の授乳の回数を徐々に減らしたり、授乳にかける時間を短くしたりしながら、母乳やミルクを飲む量を少しずつ減らしていきましょう!

●一日のうち、ある一定の期間は授乳しないようにする
夜だけ、あるいは昼だけ、授乳しないと決めて、その期間は母乳やミルクを上げないようにします。授乳しないと決めた期間は、母乳の代わりにお茶などを与えておっぱい無しで過ごすようにするのです。

●1週間頃から3日間完全に母乳やミルクをやめて、オモチャやお散歩等で赤ちゃんの気を紛らわせてあげましょう。この時に泣いて欲しがっても与えない様にしましょう。でも3日間続けても泣き止まなかったり、母乳やミルクを欲しがることが増えたりした場合には、卒乳の時期を改める方が良いでしょう!

目録