児童の成長と発達について、いくつかの重要なアイデア

児童発達理論と事例

自動の成長と発達について いくつかの重要なアイディア

著者: Kendra Cherry 監修:Steven Gans, MD

最終アップデート 2017.12.4

 

 児童の発達理論は児童の幼少期をどのように過ごしたかという点が、成長及び変化の過程に焦点を合わせる。
このような理論は社会的、感性、認知発達のような様々な側面の発達過程に重点を置いている。

 

 人間の発達についての研究は豊富で、多様な課題でもある。我々は皆、自身の発達と関連した経験を持っているが、
どうやって、どのように人間が成長し、学び、行動するのかについて理解するにはとても難しい面がある。

 どのように自動は一定の補法で行動するのか?児童の反応は年齢や家族関係もしくは季節に関連するものなのか?
発達心理学者たちは、このような質問について答えを見出そうと奮闘しているだけではなく、このような行動によって
発生する一生涯にわたる行動について、理解し説明し、予測しようとするのである。

 人間の成長について、理解するために、人間の成長に影響を与える様々な要素を説明し、いくつかの児童発達に関する
理論に触れてみたいと思う。

児童発達理論:背景

 発達理論は人間の成長と学習について考えることが出来るフレームワークを提供する。しかし、どのように我々は
発達についてまなぶのであろうか?我々は発達進学理論から、何を学ぶことが出来るのだろうか?万が一、我々が一度でも、
何が人間の考えと行動に対する動機を提供するのか考えたことがあるのであれば、このような理論を理解するのは個人と
社会に対する有用な洞察力を提供してくれるだろう。

 児童の発達について、我々の理解度はここ数年で変化を遂げてきた。

児童の発達はこの世に生まれた瞬間から成人になるまで発行されるという事について、人類の歴史の大きな部分、
無視されてきた。また、児童は単純に成人よりも身体が図体が人間であるとされてきたし、これらが児童及び思春期を
経る間に発生する認知能力、言語能力、そして肉体的成長等、多くの発達について微々たる関心しか持たなかったのである。

 児童成長学習は我々にとっても、多くの変化を理解できるようにしてくれるのである。

 児童がどのように成長し、学習、変化していくのかが何故重要なのだろうか?児童の成長を理解することは必須的である。
児童の出生から成人になるまでの過程で、経る認知、感情、物理的、社会的、教育的成長について、充分に感謝する様
にして下るためである。

 巨視理論として知られる、いくつかの重要な児童発達理論は、主に段階別接近法を使用し、発達に関連するすべての
側面を表現しようと試みている。その他の微視理論として知られ、認知又は社会成長のようなとても重要な限定された
側面だけに集中している。

 以下は、理論家たちと研究科に提案された数多くの児童成長理論のうちの一部であり、より最新の理論は児童の
成長段階と年齢別の成長段階を区別できる輪郭を描いている、今回はその中から児童の成長発達と成人の精神心理
に関するSigmund Freud フロイト理論の【口唇期】について考察してみる。


 彼の理論によれば、『生まれてから最初の1年間、性的に敏感な部分は口であり、児童の精神健康に至大なる
影響を及ぼす。この期間、赤ちゃんの主なやり取りは口を通して行われ哺乳反射や吸引反射は特に重要である。
口は特に食べる事において重要で赤ちゃんは何かを食べたり、口に入れたりして口唇部の刺激に快感を感じる。
赤ちゃんは親に完全に依存しているため、この口唇への刺激によって赤ちゃんは信頼や快適といった感覚を学ぶのである。
この段階での主な葛藤は離乳であり、親への依存を少しは軽減する必要がある。』という。

 

 また、フロイトは『ここで固着が起こるとその人は依存や攻撃性といったことに問題を抱えるようになる」とし、
『口唇固着は飲酒、過食、喫煙、また爪を噛むといった問題につながる』
と結論付けている。

※少々お堅いお話ですが、とても参考になりますので、是非ご参考にされてくださいね!


目録