妊娠中期の健康メモ


妊娠中期とは、5~7か月、妊娠16~27週目をさします。妊娠初期に比べ妊娠中期になると身体と心が安定期に入ります。しかし、妊娠中期には胎児の成長が活発になる時期なだけに、ママは健康管理をきちんとしなくてはなりません。また、ママの感情が胎児に伝わると言われている為、ママ自身の精神的な安定も必要となってきます。ただし、やはり体調には個人差がありますので、『安定期』と言われるこの時期にも体調がなかなか安定しなくて不安になるママもいると思います。

いずれにせよ、『安定期』だからと言って無理をしたりしないよう、妊娠中期の特徴や気を付けるべきことを理解し、無理のない生活を送るようにしましょう!

妊娠中期(5~7ヵ月)


妊娠5カ月の赤ちゃんについて
〇大人の一般的な頭部と同等の大きさまでに成長
〇体重は80~250グラム程度までに成長
〇聴覚が出来上がる
〇お腹の中で動くようになる
〇指をしゃぶりお乳を吸う動作を身に付ける

妊娠5か月のママについて
〇お腹が少しずつ目立ってくる
〇お腹の赤ちゃんの成長が著しいため貧血になりやすい
〇乳房が大きくなり分泌物が出てくる
〇おりものの量が増える
〇胎動を感じるようになる


妊娠6カ月の赤ちゃんについて
〇身体が新生児に近づいてくる
〇体重は600g程度になる
〇強い光に反応できるようになる
〇眉毛・まつ毛・毛髪が生えはじめる
〇性別が分かるようになる

妊娠6カ月のママのについて
〇お腹の羊水が増え始める
〇おりものの量がさらに増える
〇足がよくつるようになる
〇汗をかきやすくなる
〇背中や腰の痛み、肩の凝りを感じるようになる


妊娠7カ月の赤ちゃんについて
〇鼻の穴が開通する
〇鼻の穴が開通したことで肺呼吸の練習も始める
〇皮膚が赤みを帯びてくる
〇足を動かすときにハイハイや歩いているような動きが見られる
〇閉じていた瞼が時々開く
〇神経や内臓の成長も著しくなる
〇手を握る等の動作もできるようになる

妊娠7カ月のままについて
〇仰向けで寝ると苦しさを感じる
〇お腹や乳房に妊娠線が生じる
〇便秘や痔に悩まされる
〇良いなどの内臓が圧迫されることにより、ご飯を食べるのが難しくなる
〇貧血やお腹の張りで苦労する人が多い
〇体重の増加がみられる

妊娠中期のママさん達が気を付ける事
〇貧血:貧血が強くなると疲れやすくなったり、動機・息切れ・めまい・頭痛などの症状が出てきます。
 この時期の赤ちゃんは栄養と酸素が沢山必要なので、ママが貧血になると栄養が赤ちゃんに充分に届かない可能性があります。
〇貧血時の対策:ヘム鉄を摂取する。鉄分にはヘム鉄と非ヘム鉄があります。ヘム鉄は体内に吸収されやすい為、ヘム鉄が多い食品(レバー・牛肉・いわし・卵黄・あさり等)の摂取を心掛けましょう!ただし、鉄分は吸収率が低いため、鉄分の吸収を助ける食材を併せて食べる事をお勧めします。たんぱく質・ビタミンC・ビタミンB6・B12・葉酸を含んだ食品をバランスよく摂取するようにしましょう!

〇妊娠中期のむくみ
 特に妊娠20週以降にむくみが酷い場合は、妊娠高血圧症行群の可能性があります、高血圧や尿にたんぱくが出る症状があり、脳卒中やけいれんを起こす可能性があります。体重が急激に増加しむくみが酷い場合には、すぐに産婦人科で診療を受けて下さい。むくみの原因としてはほかにも、冷えや塩分過多摂取などもあります。なるべく体を冷やさない様に、そして塩分を取りすぎない様に気を付けましょう!


以上、妊娠中期の健康メモでした!









 

目録