ママ達必見!!出産後のダイエット(0~3ヵ月)


出産後ダイエットの方法お教えしまぁす!


出産前に、スリムだった方もふっくらしていた方も、

出産前の体型に戻りたい~!!!と思っている方も多いと思います。
 
出産後、殆どの方が、妊娠前よりも体重が増えてしまったはずです。

でも、諦めないで下さい!必ず元の体系に戻す事ができます。

出産後6カ月が勝負です!


育児で疲れ果てているのに、自分の体系に神経なんか使ってられないわ!

なーんて言いたくなりますよね。

現実的にとても難しい課題ではありますが、


それでも!!
このままずっと、ポッコリ出てしまったお腹と大きくなってしまった胸をみて、ため息をついて

落ち込んでいるより、勝負の6か月間に時間と努力を費やせば、きっと満足できるようになりますよ!
 
では、さっそく、大変な育児との闘いの中でも、出産後の正しいダイエットの方法を一緒に見ていきましょう!
 
まず、出産後の正しい運動法を時期別にお教えします!


【0~3ヵ月】

出産後3カ月間は、産後のお腹ダイエットに絶好の時期だと言えます。


産後にはまず最初に、開いてしまった骨盤を矯正してあげる必要があります。

出産後、歪んでしまった骨盤は体系のバランスを崩してしまうばかりか、

血液循環が滞ってしまうため、簡単に脂肪が蓄積されてしまうのです。


 
< 骨盤矯正とお腹を引き締める効果のあるポーズ>

 

step1. 基本1

       

1.横になり折り重なった脚を開き、床と腰のラインが一致するようにしましょう!

2.骨盤と腰が曲がらない様に、両脚をくっつけた後、上にある脚の膝部分を上げます。

※膝を上げてつけてという、動作を5回繰り返すのですが、最後の動作では、5秒以上膝を上げた状態の姿勢を保ちます。



 

 

step1. 基本2

 
           
 1.バランスボールに座り、バランスをとったら、そのまま立って状態を固定します。

2.片方の足を外側に上げましょう。

3.横に上げた足は片方の足の膝から完全に離し、足の付け根に力を入れて最大限引き上げます。

4.足を元の位置に戻し、バランスボースに座る。

※この動作を5回繰り返したら、もう片方の足も同じ動作を5回繰り返して下さい。



 

 

step2. 基本3

 

1.横になった状態で、バランスボールに足を乗せ腹式呼吸をします。

息を吸うときにお腹を風船のように膨らませ、息を吐くときに一気にお腹をへこませます。この動作を20回繰り返しましょう!

2.息を吸いながら、お尻を高くあげましょう。

 お尻と足の付け根に力を入れ、腹筋運動を10回行います。

3.横になって膝を立て、バランスボールを両脚で挟みます。

呼吸を止めて、両方の膝でバランスボールを押し、括約筋を同時に伸縮させる動作を10回繰り返しましょう!
​4.今度は、バランスボールを足で挟んだまま上体と足を上に引き上げます。この時も呼吸を止めて、膝でバランスボールを強く

押し括約筋を伸縮させる動作を5回繰り返しましょう!





ボーナス運動!

 

きちんと呼吸をするだけでもストレスホルモン数値を下げる事が可能で、お腹のぜい肉を引き締める事が出来ます。
特に、ヨガや他の運動を通じて腹式呼吸を経験された方なら、分かりやすいと思います。
 
 

1.あぐらをかいた姿勢で、両腕を後ろの方に持っていき、腹式呼吸を行います。

 腹式呼吸法:鼻で息を大きく吸って腹部を膨らませ(5秒)、口から息を吐き腹部をへこませる(8秒)

2.お尻の後ろに置いた両手の中心を移動させ、体を後ろの方に倒した後、1の方法で腹式呼吸をしましょう。

3.足を延ばし、楽な姿勢で横になり、両手を45度開きます。

4.両膝を折り曲げ、息を吸いながらお尻を高くあげ、その姿勢を10秒保ちます(この動作は3回繰り返しましょう!)

いかがでしたか?

最初は少し苦しいかもしれませんが、続けてみて下さい!

ママ達も美ボディーを取り戻しましょう!


目録