赤ちゃんにとって泣くという行為は、大人の泣くという行為とは全く違う意味を持つといいます。
まだ話すことのできない赤ちゃんは、泣くことでしか意思表示ができません。
赤ちゃんはお腹がすいた!眠たい!疲れた!という時に泣き、更には退屈な時にも泣きます。
ストレスをたくさん受けた日は、それを発散するために泣きもします。
それが強いと、いわゆるギャン泣きと言われるようになりますね。
赤ちゃんが泣くときは、なぜ泣いているのか様子を見て、対応してあげましょう!



必ずご両親の助けが必要な場合は、その要求を聞いてあげなければなりません。
お腹がすいたならミルクをあげる。
眠れないなら寝やすい姿勢を取らせてあげる。
退屈なら遊んであげる。

しかし必ずしも必要ではない、赤ちゃんがストレス発散のために泣いている場合もあります。
その場合はすぐに対応する必要は無く、自分で内的ストレスを発散できるように、そっとしておいてあげるのも良い方法です。

赤ちゃんのギャン泣きについて、ご両親の考えを少し変える必要があります。
昼夜問わず赤ちゃんが泣くことを、ご両親がすべて解決することができるわけではありません。
いくらあやしてもギャン泣きが止まらないときは、赤ちゃんから一歩離れてみるのも一つの知恵です。
赤ちゃんは内的ストレスを発散するために泣くこともあるので、このような時は泣かせてあげるのがよいでしょう。
赤ちゃんが体調が悪いなどで泣き始めたときは、その原因を解決してあげることが重要ですが、
睡眠リズムのせいで特に理由なく泣き始めたときは、多くの場合数分で泣き止み、また眠りにつきます。

「数分程度泣くことは、赤ちゃんには必要である」とする専門家も多くいます。
10~20分程度泣くことで、必ずしも赤ちゃんに大きな問題が起こるわけでもありません。
赤ちゃんは泣くことで1日中積み重ねてきた、たくさんの感情的な出来事を整理するといいます。
赤ちゃんにとっても、自分をあやす機会を持つことは必要なのです。

目録