初心者ママにとって一番辛いギャン泣きの原因と対処法!

赤ちゃんがギャン泣きする理由は、すべて同じではありません!

ギャン泣きの種類別対応戦略!

赤ちゃんは生まれた瞬間から泣き始めます。無事に生まれてきてくれた声を聞いて幸せを感じるのもつかの間

育児となると毎日昼夜問わずよく泣く赤ちゃん。初心者ママなら、泣き止まない赤ちゃんと共に涙した経験もあるのではないでしょうか?

なぜ赤ちゃんは昼も夜もギャン泣きをするのか。夜泣きのせいで毎晩寝不足なママのために、対策法をまとめてみました。

ギャン泣きの対処法を紹介します

赤ちゃんはなぜ泣くのでしょうか?一体原因は何でしょうか?

ギャン泣きは、まだ話すことのできない赤ちゃんがとれる、唯一の意思疎通方法です。

赤ちゃんが泣く理由は7つもあるといいます。

苦痛・不快感・空腹・さみしさ・過度な刺激・刺激不足・挫折を感じる時の7つです。

赤ちゃんが泣くのは、ママに「手伝ってほしいからこっちを向いて!」とサインを送っているのと同じなのです。

癖になっては困ると赤ちゃんを泣かせておく方法もありますが、この時期の赤ちゃんにとって

ギャン泣きをしているのはママを必要としている時のため、泣き止むまで待ちながらも赤ちゃんの泣き声に耳をすませてみましょう。

赤ちゃんが泣いたらすぐに反応してみましょう

赤ちゃんはギャン泣きを通して要求表現をします。ママがすぐに反応すると

「合図を送ると誰かが助けてくれる」ということが分かるようになりますが、ママが反応せずに

ギャン泣きを放置すると、赤ちゃんは挫折を感じて更に泣いてしまいます。逆に、泣かない子になることもあります。

ママとの絆を作るのに大事な時期。ママの反応速度が赤ちゃんとの絆の強さを左右するのです。

赤ちゃんが泣いたらすぐに反応するようにしてみましょう!

赤ちゃんのギャン泣きの種類を知って対策をしましょう

1.赤ちゃんが眠い時

赤ちゃんが眠たい時は、目をパチパチしてぐずりだします。

泣き声は甲高くはない中間の高さで、涙の出ないまま泣きます。

How to do>>>

赤ちゃんがよく眠れるよう周りの環境を静かにしてあげましょう。

子守唄を歌ってあげても良いです。赤ちゃんの背中をトントンして眠らせてあげましょう。


目録