ミルク育児で悩んでいませんか?
赤ちゃんを産んだ瞬間からスタートする育児。
特にはじめての出産で、赤ちゃんを抱っこすることもぎこちない新米ママは、授乳の時に寝ている赤ちゃんを見て可愛いと感じる一方で、授乳が難しいと感じることもあるかもしれません。
授乳をすることによって、ママと赤ちゃんはお互いを知っていきます。
ママと赤ちゃんの絆を築いていく過程のひとつだと考えてみましょう!


◆ミルク育児は心苦しい?◆
母乳が赤ちゃんにとってより良いと考えている方が、多いのではないでしょうか。
そのため、母乳ではなくミルクを与えることを申し訳なく思ったり、罪悪感のある方もいるかもしれません。
また、母乳育児を経験してきた周囲の大人たちに、ミルクを与えることに良くない反応をされることもあるでしょう。
そんな周囲の反応に気分が重くなったり、ママ自身も母乳育児をしなければという思いに苦しんでいるかもしれません。

母乳は出産後の多様なホルモン変化によって作られるもので、ママによりその状況は異なります。
服薬が必要な場合や、周りの環境や復職などでミルクが必要になることもあるかもしれません。

粉ミルクもしっかりと栄養を取れるので、母乳でなければならい!ということは無いのです。
ママの体調や環境を責めたり、悩んだりする必要もありません。
大切なのは、赤ちゃんへ愛情を注ぐことです。



◆ミルク育児でも赤ちゃんに愛情を注ぎましょう◆
ママはたくさんのことを考慮しながら赤ちゃんにミルクをあげています。
お湯の温度、哺乳瓶の種類、飲みやすい方法など様々です。
赤ちゃんはミルクを飲みながら、お腹がいっぱいになると同時に、ママの腕に抱かれて感じるにおいや声に安心感を覚えます。

生まれて1ヵ月ほどの赤ちゃんは、ママのにおいや声、心臓の音などでママとの関係を築いていきます。
そのためミルクでの授乳であっても、ママの存在を感じることはできます。
授乳中は赤ちゃんの様子をよく見てあげましょう。


育児をする中で、方法は一つしかない!ということはありません。
母乳をあげることも、ミルクをあげることも、大切な育児のひとつです。

目録